ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

お久しぶりです!

長らく続いたMilk japonのブログが終了して、久しぶりに
こちらを更新しようとすると、やり方をすっかり忘れていました。
もとからパソコンにめっぽう弱いので、パスワードなど
すぐに忘れるのです。
今回も写真のアップの仕方が思い出せないので、しばらく文字だけ
の更新となりそうです。
どうぞご了承ください。

「Milk終了までにメリーゴーランド京都のHPを立ち上げよう!」
と小さく気合を入れてはみたのですが、案の定なにも進んでおらず…。
しばらくはこちらとインスタグラムJUNNEKO333でお知らせなど
させてください。

では引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
# by merry-kyoto | 2016-09-24 14:45

とき

暑い暑いと言っていたのに、いつのまにか
朝の空気がひんやりしてきました。
夏生まれの私はなんだか寂しい・・・。
「きょねんのいまごろは カブトムシみたこと
なかったよなあ」と5才の息子。
まだ使い方が怪しいけれど、「去年は、きょねん
ってなんのこと?」って言っていたのに、
いつのまにか時間のことがわかるように
なったんやなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『とき』 
谷川俊太郎作 太田大八絵 福音館書店

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
むかしむかしから現在まで。時間の流れを絵
とシンプルな言葉で綴った名作。
[PR]
# by merry-kyoto | 2015-08-18 16:01

うんちがぽとん

セツ2才5か月。
たまにおまるにすわらせると成功
することがあります。
先日、友人たちと外食をする機会が
ありました。おいしいご飯を食べながら
みんなと話しをしたいのに、
セツがおしりをおさえながら「おしっこ!」
と言うので、もしかして出るかもとほのかな
期待をもってトイレへ。
トイレにすわると「でなーい」と言うので、
手だけ洗ってまたテーブルへ。
椅子に座った途端にまたまた「おしっこ!」
と言うので、今度こそと思いつつトイレへ。
また何も起こらずにテーブルへ・・・。
するとまたすぐに「おしっこ!」
もうええわ~ その手にはだまされへんでぇ
と思って「また後でな~ もうちょっと待って
なぁ~」などとはぐらかしていたら今度は
ぷーんと匂いがしてきました。
まさに三度目の正直とはよく言ったものですね。
もう一歩つっこまなかった自分に悔やまれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『うんちがぽとん』 アリス館 800円+税

おしめをはずしたいお母さんからよく
「トイレで成功できるようになる本ありませんか?」
と聞かれます。
そんな本があったらミラクルですが
この本は子どもの気持ちも大人の気持ちも
ほんわかとさせてくれるのでおすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by merry-kyoto | 2015-07-29 15:42

おでかけばいばい

本屋の店員さんならよくおすすめする得意な本が
1冊、2冊きっとあると思います。
わたしにとって『おでかけばいばいのほん』
はまさに18番。
今まで一体何冊くらい売ったかなぁ。
先日、福音館の営業さんと話していて
「日本一売っていると思うんです!」と言ったら
「ほんとにそうかもしれません!」と言って
もらって嬉しかったな。
日に日におすすめの仕方が上手くなっていて、
自分がお客さんでも思わず買ってしまうと思う。
それくらいこの本のことを信頼しているという
ことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おでかけばいばいのほん』
やぎゅうげんいちろう絵 はせがわせつこ文
福音館書店 3冊セット2400円+税

『おでかけばいばい』 『めんめんばあ』
 『くらい くらい』
リズムのある心地のいい言葉の繰り返しは
何度読んでも楽しい気持ちになります。
やぎゅうさんの絵も愉快ですばらしい!
[PR]
# by merry-kyoto | 2015-07-27 16:45 | えほん

ひとりぼっちのりんごのき

秋に長野にりんご狩りに行きました。
それから毎朝、りんごを1つむいて食べているのですが、
今朝とつぜんようようが「りんごのきってすごいんやで
 いっぱいりんごがなるんやで」と言っていました。
急に思い出したのでしょうね。
りんごの木、かわいかったもんなあ・・・。


『ひとりぼっちのりんごのき』
三原佐知子作 なかのひろたか絵 福音館書店 840円

りんごの木の1年とりんごの木と共に生きる人々の1年が
描かれた絵本。りんごの実が見開きいっぱいに描かれた
ページは何度でも開きたくなります。
ようように読んであげよう。
[PR]
# by merry-kyoto | 2014-01-26 17:15