「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

絵本づくりトレーニング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先日、京都にあるデザインの専門学校におじゃましました。
学生さんが課題で絵本をつくったので、それをみて本屋の立場から感想やアドバ
イスなど・・・ということで、声をかけていただいたのです。
 わたしは絵本のこととなると、かなりはっきりと意見があるし、思ったりかんじ
たことなどは、なるべく言葉にして伝えたいと思うので、もし本気で作家になりた
いと思っていない人だったら、「そんなんあんたに言われたくないわー!」と思わ
れてしまうかもなあと、思っていました。
 学生さんは一生懸命聞いてくれましたし、わたしも一生懸命話しました。
終わると頭がくらくらとしていましたが、とても楽しかったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『絵本づくりトレーニング』 長谷川集平 筑摩書房 1785円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_14235612.jpg
 店にいると、「絵本作家になりたいのですが、どうしたらいいですか?」と時々たずねられます。
そんなときは「そんなこと私にわかるわけないです」と言わずに、この本を買ってくださいといいます。
 この本と枯れない情熱、そしてとどまることのない好奇心があれば、きっといつかは絵本作家になれると思います。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-31 14:26

あべ弘士・ちいさなかわうそ展 のお知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『あべ弘士 ちいさなかわうそ展』6月1日(火)~30日(水)
メリーゴーランド京都店内「本の耳ギャラリー」にて 
10時~19時 木定休日

絵本作家あべ弘士の描く、愛らしいかわうその絵の小さな展覧会です。
絵はすべて販売しております。
どうぞお気軽にあそびにいらしてください。
あべさんはかわうそが、動物の中で一番すきなんですって!
e0132895_13514714.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-30 13:52

『風博士と行く一箱古本列車 inエイデン号』 お知らせ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
とてもたのしそうなイベントに、メリーゴーランドも一箱古本をたずさえて
参加させてもらうことになりました。
手芸本、お料理の本、絵本、よみものなどなど、とっておきの本といっしょに
電車でまっております!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://sakyowonder.blog82.fc2.com/blog-entry-36.html

左京ワンダーランド<ファイナル>イベント
『風博士と行く一箱古本列車 inエイデン号』

2008年3月より定住所を持たず、CDとライブと古本の売り上げだけで各地を転々とし生活しているミュージシャン、風博士の4thアルバム『SOMETHING OF MUSIC』の発売を記念して、レコ初記念ライブと、2005年に東京の不忍ブックストリートで始まったフリーマーケット形式の一箱古本市を、左京ワンダーランドのエリア内を走る叡山電車の車両内で開催いたします。

今回このイベントでは、風博士のワンマンライブ(投げ銭制)、一箱古本市に加え、
フリペとミニコミ『ぱんとたまねぎ』発酵人が選ぶ、
左京区のパン屋10店舗による「ワン(1)ダーパン」の販売あり、
ちせのチャイ、なやの珈琲の出張店舗あり、hellbent labのTシャツ・エコバックの販売、
風博士もりあげ隊による古い本の詠みうたい、DJ堀部篤史による列車にちなんだ選曲Party、
パウロ野中のタロット占いコーナーなどなど、盛りだくさんの内容でお送りしたいと思います。

※尚、所要時間2時間のうち、古本の販売はずっと行われています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【日時】2010年6月13日(日) お昼の便①12:45集合ー15:10頃解散 
                夕方の便②15:15集合ー17:40頃解散
【場所】叡山電車・出町柳駅集合→八瀬比叡山口駅(約90分間停車)→出町柳駅解散
【参加費】¥500(乗車賃含む)
※ご予約の方は、ガケ書房へ電話(TEL 075-724-0071)もしくは店頭にて受付。
お名前・電話番号・チケット枚数・①②どちらの列車がご希望か、お伝えください。
※尚、満員電車の際、ご乗車をお断りする場合がございますので、ご予約のほうをお勧めいたします。あらかじめご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-29 11:18

おでかけばいばい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 早いもので、おちびさんは9ヶ月になりました。
先日、おちびさんに向かって「ばいばい」をすると、
手を出して、ぶんぶんと振っているように見えたの
で、試しにいろんな人に「ばいばい」をしてもらう
と、やはり「ぶんぶん」としています。
これはまちがいなく「ばいばい」です。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おでかけばいばい』 はせがわせつこ文 やぎゅうげんいちろう絵 福音館書店 840円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_13562138.jpg
 おでかけおでかけ ピタコン ピタコン
 おでかけおでかけ ねっこたっこ ねっこたっこ

耳にここちよく響く言葉の繰り返し。
やぎゅうさんの絵も最高にチャーミング。
わたしのおすすめ赤ちゃん絵本です。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-28 13:57

ブックトーク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 雨と風の吹き荒れるお天気の中、ひげのおっさんのブックトークに
お越しくださった皆さん、ありがとうございました。
 たくさんの方にご参加いただき、ひげのおっさんも喜んでおりました。
これから、このような機会を増やしていきたいと思っております。
 夜のまほろばライヴもお越しくださった皆さん、ありがとうございま
した。久しぶりのライブで緊張しつつ、とても楽しかったです。
 それにしても、さすが雨男のひげのおっさん。雨の一日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『てじな』 土屋富士夫作 福音館書店 840円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1137581.jpg
 なにやらあやしいひげのおじさんが、まほうのことばをとなえるます。「あんどら いんどら うんどら」するとあれ不思議!たまごが白い大きな花に早変わり、お次は筒にあひるを通します「あんどら いんどら うんどら」すると今度はあひるがうさぎに早変わり!
 ページをめくれば、いつでもてじなのショーが楽しめますよ。
 ひげのおっさんのお気に入りの一冊。
 
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-24 11:39

おやすみなさいネムネムちゃん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ねむたいのに、ねむれないときのおちびさんの迫力はすばらしいです。
涙を目にいっぱいためて、体をよじらせて、足をつっぱって、手をばたば
たさせます。
 「おーおーきたきた。ねーむねーむくーん」といい加減な歌を歌いなが
ら、ねむりにおちるその時を待ちます。
 ねむりについたおちびさんの顔をながめるのは、とてもいいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おやすみなさいネムネムちゃん』 山岡ひかる くもん出版 1050円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1105847.jpg
 おねむでぐずっているネムネムちゃん。おふとんやおはな、ふかふかしょくパンがあの手この手でねかしつけようとするのですが、なかなかうまくいきません。そこにふさふさねこさんがやってきて、やさしくだっこをしてくれると、うとうとうっとり・・・。
 やわらかなリズムとここちのいい言葉の繰り返しで、ネムネムちゃんといっしょに、ねむたくなってきますよ。赤ちゃんにも、その周りの人たちにもおすすめの一冊。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-23 11:24

ジスイズ サンフランシスコ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 わたしにとって憧れの街と言えば、それは神戸です。
小さい頃から大好きな、おじちゃんとおばちゃんの暮らす街。
初めて電車で一人旅をしたのも神戸でしたし、都会っていい
なあと初めて思ったのも神戸でした。
おいしいくておしゃれなレストランを知っていたり、好きな
石のアクセサリーを少しずつ集めていたり、素材にこだわっ
て選んだものを、長く大切に使っていたり、おばちゃん一家
は私の憧れで、わたしの原点にいる大切な人たちなのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ジスイズ サンフランシスコ』 ミロスラフ・サセック著 松浦弥太郎訳 1680円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_12234864.jpg
 そしてこちらも魅力的な街、サンフランシスコの魅力が余すところなく描かれている絵本です。
ゴールデンゲートブリッジや、ケーブルカー、チャイナタウンにたくさんの丘と美しいアパートの数々。ページをめくるたびに、たくさんの思い出がよみがえり、また遊びに行きたくなります。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-22 12:25

クウネルにのってます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 いつも手に取る雑誌のひとつがクウネルです。
隅々まで読んだ後は、しばらくしまっておいて、忘れた頃にまたひっぱり出
してきて読み返しています。
今回は京都の特集です。四日市生まれ、四日市育ちなのに、おすすめのお店
を紹介させてもらっていて、恐縮です。
 ほかにも行ってみたいところが満載です。クウネル片手に京都にあそびに
きてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 Ku:nel 「京都のこみち」680円 マガジンハウス
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_13195694.jpg
作り手の体温を感じる雑誌なので、好きなんだと思います。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-21 13:22

たねそだててみよう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 テレビでたねのないびわの話をしていました。お客さんの「びわのたねが
食べるときにじゃま」という声から、農家の方が研究をし、このたび完成し
たそうです。
 私はテレビをみていて思わず「そんなばかな!」と叫んでしましました。
あんなに大きいたねなのにじゃまだなんて。しかも舌触りがとってもよくっ
て、なめていると気持いいのに、しかも焼酎につけるととってもいい香りが
するのに。
 もったいない!
そういえば、子どもの頃は、ぶどうにたねがはいっているのがあたりまえで、
たねなしだと「たね、はいっとらん」と驚いていたのに、最近ではぶどうに
たねがはいっていたら、「たね、はいっとる」と驚くようになってしまった
なあ・・・。おちびさんが大きくなる頃にもびわには、立派なぷくぷくのた
ねが、ちゃんと入っていますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『たね そだててみよう』 ヘレン・ジョルダンさく ロレッタ・クルピンスキ絵
             福音館書店 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1210631.jpg
 たねには不思議がいっぱいです。あんなにちいさなからだのどこに葉っぱや茎や根や花をつけるちからがあるのでしょう?
 たねの育て方から、観察の仕方までやさしくおしえてくれます。そして、最後のページにはこう書かれています「りんごのたねは、かならずりんごになる。デージーのたねはかならずデージーに「なる。そして、しょくぶつはまたつぎのたねをつける」と。
 たねって大切。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-17 12:13

ピンクがすきってきめないで

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 子どものころ、私はピンクとふかしいもが大好きでした。
なので、おばあちゃんはピンクのものはなんでもとっておいてくれました。
ピンクの色のついた包装紙、広告の紙、ハンカチやタル・・・。そしてお
やつはいつもふかしたおいもさん。
 いつの頃か、ピンクにそれほど魅力をかんじなくなった私は、相変わら
ずピンクのものをとっておいてくれるおばあちゃんにそのことが言い出せ
ずにいましたっけ。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ピンクがすきってきめないで』 ナタリー・オンス文 イリヤ・グリーン絵 講談社 1680円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_10351249.jpg
 本をひらけると「わたしは黒がすき」の文字と黒のTシャツに黒のパンツをかっこよく着こなした女の子の絵。 
「ふつう、女の子はピンクが好きだけれど、わたしはうんざり。」と彼女は言い切ります。
「男の子はこうあるべき。」「女の子らしくなさい。」世の中にはこのての言葉がたくさんありますよね。わたしたちが「あたりまえ」と思っていることをもう一度考え直すきっかけをこの本は与えてくれるでしょう。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-05-16 10:36