「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

広瀬弦×増田喜昭 ギャラリートーク

昨日は広瀬弦さんと増田のギャラリートークでした。
レジのあるカウンター越しに繰り広げられるトークは、
佐野洋子さんを、心から愛しているからこその話が
たっぷりと聞けて満足。
弦さんならではの裏話や、増田の洋子さんとの出会
いからお葬式までの話も感慨深いものがありました。
洋子さん、会場に来てくれてたかな。


e0132895_1174460.jpg


5月3日には会場の絵が入れ替わります。
どうぞお楽しみに!
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-30 11:10

佐野洋子の本屋・京都店 始まります!

ぐるっと壁一面、佐野洋子さんの原画。
いろんな時代のさまざまな作品。
そして棚には佐野さんの著作がぎっしり。
他にも『おじさんのかさ』をイメージして作られた
オリジナルの傘や、ベアブリック・100万回生きたねこ、
ポストカードなど、普段なかなか目にすることのできない
グッズも盛りだくさん。
ギャラリーがまるごと本屋になっているのです!
初の試みに、私たちもわくわくします。
お買いものをすると、オリジナルのすてきな紙袋に
入れてもらえるのもとてもうれしい。
5月3日には絵が入れ替わるので、2回は足を
運んでいただきたいです。

FOILギャラリーでは荒井良二展もやってますし、
連休はぜひ京都にお越しください!

e0132895_11483542.jpg
e0132895_11494624.jpg


佐野洋子の本屋・京都店 4月27日(金)~5月9日(水)
最終日17:00まで
※4月29日の広瀬弦×増田喜昭ギャラリートークは満員となりました。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-27 11:53

あめかな!

今朝雨があがってからお日様が照ってきました。
外に出ると、蒸し暑いこと!
このむわっとした感じ。久しぶりです。
ようこそ湿気! 蒸し暑いの大好き!
これから一雨ごとに、夏が近づいてくるかと思うと
わくわくしてきます。


e0132895_1413725.jpg

『あめかな!』 U.G.サトー 福音館書店 735円

鮮やかな色彩で描かれた、雨、空、雲、そして湿気!
土からたちのぼる湿気が描かれた絵本って
そうそうないと思います。
何度もめくってみたくなるリズムも魅力的。

※ひげのおっさん図にのる展・また 25日(水)17:00までです。
  どうぞお見逃しなく!
 
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-23 14:26

よるとひる

ねこのあおちゃんが行方不明になって2日。
ふわふわで高級そうにみえるので、近所でも
人気です。姿が見えないと、みんな心配していました。
昨日、ひげのおっさんのライブが終わって
家に帰るとどこからか、か細い声がします。
おちびさんも「あ、あおちゃん あおちゃんやな」と
言うので、表に出て探しました。
あおちゃんは、隣の家の倉庫の屋根裏に入り込んで
出てこれなくなっていました。
救出している間、おちびさんは「まっくらやな ちょっとこわいな」
と言っていました。

e0132895_14143485.jpg

『よるとひる』
マーガレット・ワイズ・ブラウン 文
レナード・ワイスガード 絵 ほしかわなつよ 訳
童話館出版 1365円

ひるをこよなく愛するしろいねこと、よるをこよなく愛するくろいねこ
がおりました。しろいねこはくろいねこに、ひるの素敵なところを
みせたいと思いました。くろいねこはしろいねこに、夜の素晴らし
さを感じてほしいと思っていました・・・。
たった2色のインクと紙の白で、こんなに豊かな世界が描けるなんて!
マーガレット・ワイズブラウンとレナード・ワイスガードの作り出す
絵本の世界にため息が出ます。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-21 14:15

道具と機械の本 

割れていて、ずっと気になっていたコンセントのカバーを
トビラノさんが取り替えてくれました。
私は機械全般が大の苦手。
「電気」と聞くだけで、「さわったら感電するかも」という具合に
考えてしまいますし、新しい機械(パソコン・カメラなど)を
買うと取扱い説明書を読むのに一苦労。というかほとんど
読めません。
詳しくは・・・・
http://milkjapon.com/blog/suzuki/2012/04/post-369.html
よくスタッフのさーやに「じゅんさん、よく今までやってこれましたね」
と言われています。



『道具と機械の本 てこからコンピューターまで』
岩波書店 デビット・マコーレイ著 歌崎秀史訳 7980円

てこ、くさび、缶切り、ミシンはたまたジェットエンジンから携帯電話まで、
200種あまりの道具と機械の仕組みを、愉快なイラストで解き明かす
ユニークな1冊。ひとつの発明の奥にひそむ原理が、まったく別の発明
の鍵になっていることなどを取り上げた本書は、道具と機械の発明史
でもあるのです。
機械好きにはたまらない、400ページにわたる充実の内容。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-18 12:16

くまさんホームラン!

今朝、新聞を広げると・・・。
「マサに金字塔」の文字が!
そうです。中日の山本昌投手が最年長先発勝利を!
顔写真が載っていたのですが、そのうれしそうな顔といったら、
中学生男子のようでした。感無量です。
中日ドームに試合を観に行った日々のことが、よみがえります。
先日、お寺に行くとテレビで中日×阪神戦がやっていました。
阪神がリードしていたので、章子さんに「潤ちゃんの前では
あんまり喜んじゃだめですね」と嬉しそうに言われたばかり
なので喜びはひとしお。
わたしの周りは阪神にひたすら甘く、中日に訳もなくきびしい
人々が多いのです。
でもチームなんて関係なく、やっぱり今回の記録はすごいです。
おちびさん、今年は「TATUNAMI」のTシャツ来てくれるかな。


e0132895_127197.jpg

『くまさんホームラン!』 五味太郎 絵本館 1260円
自身も野球が大好きで、チームを持っている五味さん。
草野球好きならではの展開に思わず拍手!
へたっぴでも、野球に向ける情熱さえあれば、
野球は楽しい。願わくば甲子園出場経験の
ある方がピッチャーでありませんように。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-16 12:37

ひげのおっさん図にのる展 また

ついにはじまりました!
ひげのおっさん 今回も快調に図にのっております。
ギャラリーの壁いっぱいの大きな作品から
なんと銅版画にも初挑戦。
どれもこれも眺めているとひげのおっさんの
「描いとるときがむっちゃ楽しいんや!」という声が
聞こえてきそうなのです。
山、木、道・・・。今回の作品たちには、また一段と
心地のいい風がふいているようです。
会場にはひげのおっさん特選本も並んでいます。
20日にはギャラリーライブもあります。
私もゲストで歌いますので、どうぞ遊びにいらして
ください。


e0132895_1428878.jpg

e0132895_14285530.jpg


ひげのおっさん図にのる展 また
4/13~4/25 木曜定休日
4/20 ひげのおっさんライブ(投げ銭)
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-13 14:31

ドーナッちゃんとモンブラリン

うどん屋さんに行けば「きつねうどん」
ミスタードーナツに行けば「オールドファッション」
ケーキ屋さんに行けば「モンブラン」
他のものに果敢に挑戦しようと思うのですが、
ついついそうなってしまうのです。
頼んでから
「あ~やっぱり ちがうのにしたらよかった~」
と思うのですが、運ばれてくると
「あ~やっぱり これにしてよかった~」
と思います。


e0132895_13525651.jpg

『ドーナッちゃんとモンブラリン』 つつみあれい 小峰書店 1365円

ドーナッちゃんがきのこのママとじゅっごちゃんたちと
しりとりをしていました。
「マロン」と言ったドーナッちゃんにみんなは
「マロン? それなあに」と言います。

マザーグースのようなリズム。
シュールでキュートで最高にチャーミングな
つつみあれいの世界。
今ならイラスト入りのサイン本あります。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-10 13:59

めのまどあけろ

おちびさんとお風呂に入っているとき
私の顔を指でさわって「これは? これは?」と
聞くので「くち」「はな」「みみ」「ほっぺた」と答えて
いました。最後に目を指さすので「これは め」と言うと、
「ちばうの これ!」と何度も目玉を触ろうとします。
私が反射的に目をつむるので「ちばう! ちばう!」と
怒ります。どうしてもさわりたいらしいのですが、
こればっかりは無理でした。


e0132895_1736691.jpg

『めのまどあけろ』 谷川俊太郎 長新太 福音館書店 840円

谷川さんのリズミカルな文章。長さんのゆかいな絵。
何度読んでもあきることのない絵本です。
言葉ってこんなに楽しいんだ!とわくわくすること間違いなし。
こんな本なら何度「よんで」と言われてもへっちゃらです。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-09 17:42

おべんとう

おちびさん。いろんな歌を歌います。
でもオリジナルのアレンジがかなり効いています。
昨日も「これっくらいの おべっんとかな?」
「これっくらいの おにっぎりっかな?」と歌うので、
私が本家を歌うと「じゅん、ちばう!」と怒られて
しまいました。
たぶん一番気にっているのは、げんこつやまの
たぬきさん。「おっぱいのんで ねんねして」
を延々とリフレインしています。


e0132895_1037599.jpg

『おべんとう』 小西英子 福音館書店 840円

ぴかぴかのミートボール、ふわふわの玉子焼き、
ぷりぷりのたこウインナー、あまーいにんじん・・・。
お弁当は蓋をあけるときが一番どきどきします。
だからこそ、誰かに作ってもらったお弁当が食べたいです。
小西さん、次につくるときはポテトサラダはもうすこししっとりと、
ごはんはつやつやに炊きあげてあったら最高だと思います。
[PR]
by merry-kyoto | 2012-04-07 14:49