「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

もりのえほん

春に庭に植えたゴーヤが、今年もぐんぐんと蔓を伸ばして
大きくなってきました。
緑の葉っぱや蔓の間にある、まだ小さな実を探すのが
毎朝楽しみです。
昨日はあったと思ったのに、まだすぐに緑の中にまぎれて
しまって見つからなかったり・・・。
そんなことをしながら、この絵本のことを思いだしました。

e0132895_13132956.jpg

『もりのえほん』 安野光雅 福音館書店 840円
茂みの中を、重なる葉っぱの間を、じっとじっと目をこらしていると・・・。
いるいる、ここにも、あそこにも!
飽きることなく何度でもページをめくりたくなる絵本です。
[PR]
# by merry-kyoto | 2013-07-28 13:16

本のほん

今年もブックリストができました。
日頃お店でお客さんから尋ねられる疑問・質問に
増田(メリーゴーランド店主)・村田(四日市店長)
鈴木(私)が独断と偏見で精一杯お答えするQ&A
方式。つっこみどころ満載です。面白いです。
つつみあれい氏の挿し絵は豊かな色彩で描かれて
いるのにモノクロ印刷(もったいない!)
後藤美月氏の鮮やかなデザインで素敵な本に
仕上がりました。
書き手も絵もデザインもみんな三重県出身。
三重ってすごい。三重ってすばらしい。
三重ってええとこやなあ。
700円です。
e0132895_18312546.jpg

[PR]
# by merry-kyoto | 2013-07-15 18:32

ねえ、とうさん

七夕の短冊にお願い事を書くと言うので
母、代筆させていただきました。
「なんてかくの?」と尋ねると
「おとうさんになりたいですって書くねん」と!
そんなあなたにぴったりな本をご紹介しますよ。
お父さん、買ってくれるとええねえ。
くわしくはこちらを・・・↓
http://milkjapon.com/blog/suzuki/2013/07/post-583.html

e0132895_18261123.jpg

『ねえ とうさん』 佐野洋子 小学館 1470円
とってもたくましく、くまらしいとうさん。
小さなくまのぼうやは、父さんにあこがれています。
その何気ないやり取りにほのぼの。
こんな風に、子どもに憧れられる父さん、母さんで
いられるように、大人はがんばらなければなりません。
[PR]
# by merry-kyoto | 2013-07-09 18:27

ぐりとぐら

実家からボロボロになった『ぐりとぐら』をもらってきました。
ようように「この本、しっとる?」ときくと「しらへ~ん」と!
「そうかあ、初めて出会うんかあ、うらやましいなあ」
と思いつつ、その瞬間を一緒にむかえられるなんて
これこそ母の醍醐味と思いました。
ようようが一番反応したのが、ぐりがげんこつでたまごを
割るところ。「あかんなあ、たたいたらあかんなあ
そーとしやな あかんのになあ」としきりに言っていました。

e0132895_12343061.jpg

『ぐりとぐら』 なかがわりえことおおむらゆりこ
         福音館書店 840円
改めて声に出して読むと本当によく出来ている絵本だと
思います。その言葉のひとつひとつ、さり気なく描かれている
仕草、どれをとっても子どもをひきつける魅力にあふれてい
ます。さすがいつの時代も子どもたちの真ん中にあり続けた
絵本!
[PR]
# by merry-kyoto | 2013-06-28 12:35

かくれたかたち

7日から始まった「辻恵子 あるでんててん」
作品を生でみることのできるチャンスです!
新聞やいろんな印刷物から新たに生まれる
かたちの楽しいことといったら!
そして、もうお店では手に入らない福音館の
月刊かがくのとも「かくれたかたち」
「マークのなかにかくれたかたち」
も手に入ります。なんとすべてサイン本ですよ。
作品をよくよく見ると、細い細いはさみの線が、
かたちにむかって伸びていくのが見えます。
そこをはさみが通っていく様子を思い浮かべ
ると「むむむ」「ほほ~」「なんと!まあ!」と
思わず声が出てしまうのです。
e0132895_11114899.jpg

「月刊かがくのとも かくれたかたち」 410円
「月刊かがくのとも マークのなかにかくれたかたち」410円

※写真の向きを変える方法を忘れてしまいました・・・
 思い出すまでこのままでごめんなさい!
[PR]
# by merry-kyoto | 2013-06-12 11:14