人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ぼくたちのかしの木

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 うちの中庭の小さな木に、どっさりとアブラムシがつきました。
去年も剪定をしてしのいだのですが、今年もその時がきたというわけです。
あまりにほおっておいたので、アブラムシのおしっこで、葉っぱは白く
ピカピカのベタベタになっていました。
 トビラノさんにお願いしたら、止まらなくなったらしく、私が様子を
見に行くと、小さな木はさらに小さく半分ほどの大きさになっていました。
 すっかり丸坊主になってるというのに、まだ気になるらしく、ハサミを
手にずっと首をかしげながら、アブラムシと格闘していました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ぼくたちのかしの木』 ゲルダ・ミューラー作 ささきたづこ訳
               文化出版局 1427円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1552415.jpg
 いとこのニッキーの家は、森の真ん中にあります。
ニッキーは1本の大きなかしの木を「これがぼくのたいせつなかしの木だ」と誇らしげに紹介します。
 かしの木の存在が森をさらに親しみ深く、身近なものにしてくれます。
その大きな森は、たくさんの動物の生活を守り、また人間の手で森も守られているということを、改めて考えさせられた絵本。
 森の豊かさに圧倒されそうになります。
 
by merry-kyoto | 2009-05-05 15:53
<< 今日はおしらせです まだですか? >>