人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

せかいのひとびと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今年は香菜の種をまきました。
芽が出て、双葉になったので、間引きをしました。
間引いた葉っぱがもったいないので、はるさめスー
プを作りました。
 にんにく、しょうが、ヌクマムで風味付けし、
仕上げに香菜をパラパラ。
 とてもおいしくできて、満足。
もっと大きくなって、わさわさと葉っぱを茂らせ
たら、毎日食べられるなんて夢のよう。
 香菜の香りはいつも私に遠い国を思い出させる
のです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『せかいのひとびと』 ピーター・スピアー作 松川真弓訳 評論社 1575円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 初めて香菜を食べたのは1992年、ベトナムでのこと。
あの時の市場の雑踏、食堂の雰囲気、ベトナム語の響き、
食べ物のにおい、全部が初めてのことで、うきうきして、
私の体の中にわーっと入り込んできたのです。
 私は生春巻きを夢中でほおばり、きょろきょろしながら、
ベトナムが大好きになっていったのです。
 行ったことのない国、そこで暮らす人々、この世界を一冊
の絵本で語るなんて、とうていできっこないと思うのですが、
ピーター・スピアーはそれを見事に表現しています。
 最後の2見開きは圧巻ですよ。
by merry-kyoto | 2009-05-19 16:37
<< こども ねこのホレイショ >>