人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

こども

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 四日市にいたころ、少林寺拳法をやっていました。
ひげのおっさんが私の師匠です。
 子どものクラスは1年生から入門できます。私も時々
指導の手伝いに行っていたのですが、これがとにかく
おっちゃくい。「並んで!」といってもそう簡単には並
びません。
 いつまでもおだっとる子どもは、羽交い締めにして耳
元で「ええかげんにしやんとトイレに流すに!」と言い
ます。
 そうです、道場には子どもを流す用の秘密のトイレが
あって、今までに、あんまりふざけてばかりの子は流さ
れていたのです。ああ怖い。

 昨日のキッチンハリーナのライブにたくさんの子ども
が来てくれました。それも男子ばかり。その子たちをみ
ていて、道場の子どもを思いだしたのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『こども』 キャサリン&ローレンス・アンホルト 絵と文 うちだりさこ訳
       徳間書店 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大人は言います「最近の子どもは・・・」「子どもというものは・・・」
でも「子ども」ってひとくくりにできるものではないですよね。
 隠れる場所、ポケットの中、こわいもの、ひみつ、みんなそれぞれ違うはず。
 当たり前のことだけど、忘れてしまいがちなことを、色彩豊かな絵で、気づか
せてくれる絵本。
 そんなことばっかり言ってると、子どもに「最近の30代は・・・」とか
「大人というものは・・・」なんて言われちゃいますよ。
by merry-kyoto | 2009-05-23 13:55
<< ポッケのワンピース せかいのひとびと >>