人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

どんどんどんどん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 『きりん』という雑誌を知っていますか?
昭和23年から46年の間に、大阪を中心に発行された、
子どもの詩の雑誌です。
 『きりん』には子どもの生きたことばが詰まっています。
地面を踏みしめ、がっちりと根をおろし、どしんどしんと
歩き回り、ごはんを食べ、大声で笑い、けんかをしている
子どもたちの姿があります。
 こんな言葉はそうそう出てくるものではありません。
その言葉を前に、圧倒された私は動くことができなくなり
ます。
 扉野さんは、この詩を本にしたいとずっと考えています。
私も絶対に出すべきだと思います。どんな育児書より、どん
な教育の専門書より、子どもたちの詩は、力強く私たち大人
に語りかけてくるのですから。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『どんどんどんどん』 片山健 文研出版 1260円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 この本を語るのは難しい。なぜってひとりのこどもが、
ただもうどんどん、どんどんゆくだけなのですから。
 なのに力強い。途中でちょっとひとやすみするところ
でこちらも一呼吸。
 そしてさらにどんどん、どんどんいくのです。
子どもの詩のことを考えていたら、この本のことが浮か
んできました。片山さん初期の作品。傑作です。
by merry-kyoto | 2009-06-09 15:09
<< 花さき山 おりょうりとうさん >>