人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おはなしのもうふ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先日、初めてのブックトークをしに長岡天神にある写真スタジオ「STU:L」さんに
おじゃましました。たくさんの人がわざわざ私の話を聞きに集まってくださるのです。
やっぱり緊張しました。
 しかし、「無い袖は振れぬ」と開き直るのも早い私は、特別な準備もせずに、お客
さんの顔をみて話をきめようと思って挑みました。
 とてもいいお客さんばかりで、にこにこしながら、つたない話を一生懸命にきいて
くださいました。
 これも「STU:L」さんのもつ、包み込むような空気に魅力を感じて集まった人たち
だからだなと、こんな機会をいただいて、本当にうれしかったです。
 反省会をふまえて、これからも続けていきたいねと話しています。
またご案内しますので、興味のある方はぜひいらしてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おはなしのもうふ』 フェリーダ・ウルフ文 エレナ・オドリオゾーラ絵 さくまゆみこ訳
             光村教育図書 1575円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ブックトークをなんとか終えた今日、たまらなく読みたくなったのはこの絵本でした。

  ゆきにおおわれたやまのおくの小さな村。この村の子どもたちは、「おはなしのもうふ」
  にこしをおろして、ザラおばあちゃんのおはなしをきくのがだいすきでした。

 こんな一文ではじまるこの本は、私のあこがれです。
わたしもザラおばあちゃんのように、本のことを話せる人になりたいと思います。
このもうふにこしをかけるとき、子どもたちはきっとわくわくしているに違いありません。
 おはなしのもうふは、ザラおばあちゃんのちょっとした、思いつきでだんだん小さくなり、
そして村の人たちのおばあちゃんへの想いにより、また大きくなっていきます。
 さて、どんなお話でしょう。ぜひ手にとってみてくださいね。
by merry-kyoto | 2009-07-12 14:29
<< 古本市のおしらせ トマトときゅうり >>