人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ちいさなふゆのほん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 小学生の頃は、毎日集団登校でした。
冬の朝、集合時間に公園に集まると、まず我先にと土俵にできた霜柱を踏みます。
みんながそろうと、ぼちぼちと学校に出発するのですが、道が凍っている日は、
スケートをやっている気分で、歩かずにズリズリ、ときどきスーイと滑りながら
移動します。時々道のくぼみにできた氷を見つけると、必ず誰かがかかとで割っ
て進みます。雪がふってくると、みんな口をあけていくつ食べたかと競争になり
ます。
こんな風に冬の朝はやることがたくさんあったものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ちいさなふゆのほん』 ヨレル・クリスティーナ文 クリスティーナ。ディーグマン絵
               ひしきあきらこ訳 福音館書店 1155円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちいさなふゆのほん_e0132895_11263251.jpg
 あさおきたら、じめんがまっしろになっていました。ゆきがふったのです。さて、あなたならどうしますか?
ゆきあそび、そりあそび、ゆきだるまやかまくらをつくったり、たのしいことはたくさんあります。
子どもたちの遊ぶ姿を眺めていると、寒い冬も悪くないなと思います。雪深いスウェーデンからやってきた、愛らしい絵本。
by merry-kyoto | 2010-01-16 11:27
<< だくちる だくちる アンジェリーナはスケーター >>