人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

だくちる だくちる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 友人のところに生まれた女の子の名前が決まりました。
4人並べると、「温向蓉春」なんともありがたい四文字熟語のような
人々ではありませんか。
 おちびさんの名前を決めるとき、こんな大切なことをうちらが決めて
しまっていいんやろかと、思いました。
きっと、生まれてからいつも耳にする響き。大切な音。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『だくちる だくちる』 阪田寛夫文 長新太絵 福音館書店 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_12374791.jpg
にんげんがうまれる
ずっと ずーっとまえのまえ
そのまた ずーっとまえのおはなし
ひとりぼっちのイグアノドンがはじめてきいたうたは、
「だくちる だくちる」というちいさな音だった・・・。

はかなく、時として力強い阪田さんの文章。せつなく、あたたかな長さんの絵。
すこし大きめの画面からは、その魅力が十分に伝わってきます。
わたしはこの本を開くたびに、おなかの中のほうがきゅっときしみます。
おちびさんをひざにのせながら、開くともっともっと奥のほうがきゅっとなります。
by merry-kyoto | 2010-01-18 12:40
<< チリとチリリ まちのおはなし ちいさなふゆのほん >>