人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

あめがふるときちょうちょうはどこへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は雨降りで寒い1日でした。
「お客さんこやんねえ」と友人と話していると、彼女が「でも雨の日のにおい
がすき。前からすきやったけど、最近はどうしてこんなにすきなんやろ、前世
なんやったんやろかと思うほどすき。」と言いました。
私もすきやけど、そこまで思ったことないなあと言うと、さらに「雨の降る前の
日の夜のにおいが特にすき」と言います。
なんかちょっとうらやましくそして、あんまりうれしそうに話す姿がほほえましく
もあり、この本が頭に浮かんだのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『あめがふるときちょうちょうはどこへ』 ゲアリック文 ワイスガード絵 金の星社 1050円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_18203929.jpg
あめがふったら、わたしたちはかさをさしますね。ではちょうちょうやうさぎそれに、あひるたちはいったいどうするのでしょう。
詩のような文章に導かれてページをめくると、まさに雨の日のしめった空気や、土のにおいがしてくるようです。
ワイスガードの美しい絵からは、たちこめるもやさえも感じるのです。
by merry-kyoto | 2010-02-01 18:22
<< あじのひらき とらのゆめ >>