人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おなかのすくさんぽ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 朝食にパンを食べていると、なにやら熱い視線を感じましたので、試しに
「これはとってもおいしいものやに、もぐもぐごっくんしてみる?」とおち
びさんにたずねると、うなずいたかのように見えましたので、ちっちゃいか
けらを口に入れてやりました。どうせすぐに出すだろうと、待ちかまえてい
るともぐもぐとして、そのあとみごとな笑顔とあふれんばかりのよだれ。
 おちびさん、はじめての固形物。
あっぱれな食べっぷりに、歓声があがったのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おなかのすくさんぽ』 かたやまけん 福音館書店 840円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1181352.jpg
 ぼくがあるいていると、どうぶつたちがみずたまりで遊んでいました。ぼくもいっしょになってどろだんごをつくったり、穴をほったり、山をかけのぼったり。どろんこになったので、みんなでかわにはいって、のんびりのんびりやすみました。すると突然くまが「なんだかきみはおいしそうだねえ。ちょっとだけなめていーい?」と言い出して・・・。
 夕飯のおかずが決まらずに、冷蔵庫の前で立ちすくんでいる方。公園でどろんこになった子どもを思わずしかりつけそうになった方。なんだか気分が落ち込んでいる方。どこか土のにおいのしそうな場所や、大きな木の下にでも座り込んで、この本を読んでみてください。
 「生きるとは、こういうことなのだ!」と爽快な気分にきっとなれます。

 
by merry-kyoto | 2010-03-08 11:11
<< でておいで、ねずみくん くんちゃんのはじめてのがっこう >>