ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

小さい水の精

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 先日、女の子とお母さんが店に来てくれました。ドイツに引っ越
されるそうで、持って行く本を選びに来てくれたのです。
 絵本をたくさん、そして読み物を少し買ってくださったのですが、
この本たちがこれからこの子と一緒に外国で暮らし、時には女の子
を支えたり、話し相手になるんだなあと思うと、感慨深いものがあ
ります。
 女の子が選んだ読み物は、ドイツの作家で、今でも世界中で愛さ
れ続けているプロイスラーの『小さいおばけ』でした。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『小さい水の精』 オトフリート・プロイスラー 徳間書店 1575円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1165829.jpg
 『おおどろぼうホッツェンプロッツ』で有名なプロイスラーですが、他にもおもしろい本をたくさん書いています。
 私が小学生のころ、夢中になったのが好奇心旺盛で、いたずらっこの水の精の男の子のお話でした。なんとプロイスラーのデビュー作なんですよ。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-06-09 11:11
<< トマトさん ころんちゃん >>