ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

せかいのはてってどこですか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 みなさん お元気ですか?
たいへんごぶさたいたしました。
先日、トマトの国イタリアから帰国いたしました。
今回は、フィレンツェに暮らす妹家族の家にやっかいになりながら、
シチリアにも足を伸ばすことができました。
旅のはなしなどまた登場すると思いますので、どうぞおつきあいくださいね。
 乗り換えも含めて今回飛行機に8回も乗りました。空の上から街の灯りが見
えるたび、そこに暮らす人たちの生活なんかを想像しながら、なんども「せか
いのはてってどこなんやろ」などとぼんやり考えたりしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『せかいのはてってどこですか?』 アルビン・トゥレッセルト作 ロジャー・デュボアザン絵
                    三木卓訳 童話館出版 1470円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_14154933.jpg
 小さな井戸の中にいっぴきのかえるが暮らしていました。ひんやりとした水をたっぷりたくわえた井戸は食べものも豊富で居心地はばつぐん。ところがある日、日照りが続いて井戸の水がかれてしまったのです。さて、かえるはどうしたでしょうか?
 住み慣れた自分の周りの世界からちょっと離れてみると、いろんなことが見えてくる。デュボアザンの色彩豊かな絵が物語りを大いに盛り上げてくれます。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-07-02 14:16
<< STULでブックトークをしました ブックトークのおしらせです >>