ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ふしぎなたいこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 新田さんとの出会いは、もう15年近く前のことです。
仙台で子どもの絵画造形教室を主催しているのですが、他にも幅広い活動をして
いてます。とにかくパワフルな人で、ひげのおっさんの大親友。
 私は13年前に子どもたちを連れて、作家の灰谷健次郎さんに沖縄に会いに行く
企画でご一緒したのが最初。それからは、離れているけれど、仕事をしていく上で、
新田さんの存在は常に意識の中にあるのです。
 やわなことをしていたら、即座に見破られてしまう、恐ろしくもありがたい存在。
 普段はおっちゃくくて、手のつけられない小学生のような新田さんですが、自分
のルーツに誇りを持ち、子どもと子どもの文化を心から愛している、かっこいい人。

8月5日~8日 「あそびじゅつin沖縄」あべ弘士・新田新一郎・増田喜昭と夏の沖縄へ行こう!
        くわしくは、メリーゴーランドまで・・・。

プランニング開 ホームページ http://business2.plala.or.jp/kai/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ふしぎなたいこ』 新田新一郎文 田島征三絵 フェリシモ出版 1350円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_11593358.jpg
 東北の言葉のやさしいこと。
それは耳のあたりを、ふかぶかと包みこむ心地よさに溢れています。
民話のふしぎなたいこを新田さんが語ると、その言葉の魔力にぐんぐん引き込まれたものでした。
 物語の面白さに溢れた一冊です。
[PR]
by merry-kyoto | 2010-07-25 12:00
<< わにさんどきっ はいしゃさんどきっ あつさのせい? >>