人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ねこじたなのにお茶がすき

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私はよく「ねこみたい」と言われます。
子どもキャンプでスタッフをするときのニックネームは「ねこ」でした。
時々子どもに「ほんとはな、耳としっぽがあるんやに。でも今日は家に
置いてきた」と言ってみたりしたものです。
「そんなんうそや」と言う子や「わかった、誰にも言わんといたるわ」
という子や、いろいろでした。
そして、ねこみたいな私は、極度のねこじたです。
熱そうなものを食べる前には、先に食べた人に必ず「熱い?」と聞いて
しまします。たいていの人は「大丈夫」と言うのですが、信じて食べる
ととても熱いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1363824.jpg

『ねこじたなのにお茶がすき』 今江祥智文 ささめやゆき絵 淡交社 1575円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 古いお城のある町はずれに原っぱがあって、そこにお茶
ずきのねこがあつまるという噂がゆるゆると広まります。
 きものだって、正座だってとっても上手にできるねこと
茶人のじいさまとの出会いからはじまる物語。
 今江さんのリズム溢れる語りと、ささめやさんの描く愛嬌
たっぷりなねこたちのお話し。
by merry-kyoto | 2011-03-02 13:28
<< 赤毛のアンの手作り絵本 ささめやゆき サイン会のお知らせ >>