人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

イモムシハンドブック

ある日、あみちゃんから「アゲハの幼虫いる?」と電話が
ありました。前にパセリについていたキアゲハの幼虫を
おちびさんが観察していたのを覚えていてくれたのです。
餌をさがさないとあかんなあと思っていた矢先に、現れた
のは、巨大なイモムシ!
「これ、絶対アゲハの幼虫じゃないやん、蛾の幼虫やで!」
という私に、トビラノさんもお向かいの彦さんも、「え~
これは、アゲハやって~」とのんきに言います。
「男子!もう一回小学生からやり直しなさい!」と私は言い
たい。
私は特別虫好きでもないし、イモムシはじっと見ていると
ドキドキしてくるくらい苦手。
なのに今家には巨大な子が2匹もいるのです。
おちびさんは「これ、ちょうちょのあかちゃんやで!」
「あみちゃんが くれたんやで!」とうれしそう。
おちびさんの前で極端に怖がってわいけないと思いつつ、
「じゅんちゃん いいこいいこ して!」と言われると
「ごめんなさい!!」と逃げ腰になる私でした。

『イモムシハンドブック』 安田守著 文一総合出版 1470円
e0132895_12382819.jpg

この本をみれば、一目瞭然。心強い②も出ています。
青虫をみたらなんでも「アゲハ」と思うあなた。
世の中にはもっとたくさんの青虫がいるのですよ!
ちなみにうちのは「エビガラスズメ」と判明しました。
あみちゃん、願わくばお返ししたいです。
by merry-kyoto | 2012-09-14 12:41
<< うらら麗 チョウ・エイギ展 パンツのはきかた >>