ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

根っこの こどもたち 目をさます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今朝、散歩をしていたら、お寺の境内の蝋梅が咲いてるのを見つけました。
近くにいってみると、光を通す花びらが美しく、そしてちゃんと甘い香りがしていました。
「春はそこまで来てる。」と言いながら歩いていると、ちらちらと雪が、「まだ冬ですよ。」
と言うように降ってきました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『根っこのこどもたち目をさます』 ジビレ・フォン・オルファース絵
                     ヘレン・ディーン・フィッシュ文
                     石井桃子訳 童話館出版 1400円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0132895_1561862.jpg


 春が近づいてくると、土の中では根っこのこどもたちが目をさまします。
根っこのおんなのこたちは、春にきる服の準備を。根っこのおとこのこたちは、
虫たちを洗ってやったり、春のいろをぬってやったりします。
こうして、なにもかもよういができたとき、春がやってくるんですって!
[PR]
by merry-kyoto | 2008-02-20 19:53
<< 鈴木理策 熊野、雪、桜 はるになったら >>