ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

リサ かぜをひく

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 久しぶりに熱を出しました。
体はだるいけれど、じっとふとんでまるまっていると、
動物になったような気分になります。
 熱は、体の中の悪いものを掃除してくれる。という
ようなことを、どこかで誰かにきいたような・・・。
 ちょっとした病気の時は、普段言えない様なことを
言ってみたり、食べれないものを食べてみたり、
自分をおおいに甘やかしてみたりします。

 ゆっくり、治して元気になれますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『リサ かぜをひく』 アン・グッドマン文 ゲオルグ・ハレンスレーベン絵
             石津ちひろ訳 ブロンズ新社 1260円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_151620100.jpg

 「そんなことしとると、かぜひくに」子どものころから、
いったい何度この言葉をきいたことでしょう。
 そして、何度ちゃんとかぜをひいてきたことでしょう。
かぜで学校を休むと、きまって、テレビの前に布団をしいてもらって、おかゆさんをつくってもらって・・・。体はだるいけど、いい気分。弟がうらやましがったら、なおいい気分。
 リサも、すばらしいわがままぶりを発揮して、かぜを謳歌します。ガスパールに「ねえ ぼくにも かぜ うつしてよ」なんて言われたから、もう最高です。




 
[PR]
by merry-kyoto | 2008-02-27 15:19
<< ベンのトランペット ぼくは あるいた まっすぐ まっすぐ >>