人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おふとんの くにの こびとたち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 熱があるときって、とにもかくにも、もどかしい。
体は動かないし、ずっと寝ているのも、疲れてきますよね。
口の中はなんだかまずいし、ごはんもおいしくない。
でも、薬で熱を抑えちゃうより、出すものは出してしまった
ほうが、きっといいにちがいない。と思うのです。
 「明日、仕事休めないなあ・・・」これさえなければ、
じっくり直したいのですが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おふとんの くにの こびとたち』 おちのりこ作 でくねいく絵  偕成社 1470円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1550579.jpg
 おねつがでた朝、おかあさんは、体温計をみると、
「きょうは、おとなしくねていましょうね」と言って、部屋から出て行きました。ひとりぼっちでおふとんをかぶって、ぼんやりしていると、あれあれ、おふとんのもりあがったところが、雪山にみえてきて・・・。
気がつくと、こびとたちがたくさん集まってきて、なにやら始まる様子。 
 ねつのある子どもにしかみえない、おふとんのくにのこびとたち。子どものころの自分に、読んであげたくなる1冊です。
by merry-kyoto | 2008-03-02 15:51
<< パンやの くまさん かぜは どこへいくの >>