人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

だいすきなもの

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 「だいすきなもの なんですか?」
唐突にこうたずねられたら、私はなんと答えるでしょう。
「台所」「夏」「旅行」「お風呂やさん」「東海地方」「本」「石鹸」

 ネパールの小さな村に通う、著者が取った写真。集めた言葉。
そのどれもが生き生きとして、楽しげに弾んでいます。
「地面」「牛」「土曜日の2時」「テストが終わった瞬間」
みんなそれぞれにちゃんと理由があります。
 「物が溢れているから豊か」「物がないから精神的に豊か」
そんなことじゃあない、「何か」 
そう、きちんと自分がいる場所を確かめて、生きているか。
地に根をはっているかどうか。
 この本を開くと、そんな子どもたちのまっすぐな気持ちが、伝わってきます。

 本の最後に、著者が記した言葉が印象的。
「この村では、小さなことが魔法のような力をもっている。そのことが、
なんだか僕をうれしくさせてくれます。」

だいすきなもの_e0132895_16114949.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『だいすきなもの』 ネパール・チャウコット村のこどもたち
            公文健太郎写真 偕成社 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by merry-kyoto | 2008-03-05 15:59
<< もうねむたくて ねむたくて パンやの くまさん >>