人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

もうねむたくて ねむたくて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 保育園のころの私は、おひるねのきらいな子どもでした。
健やかに、ねむくなる他の子たちがうらやましく、どうして
自分はねむくないのに、おふとんにごろごろしてないといけ
ないのかしらと、ずっと思っていました。
 眠っている子をつついたり、ござの紐を抜いてみたり、
おへそのごまをとってみたり、たいくつで、しかたがありま
せんでした。
 大人になっても、おひるねは、あまりすきではありません。
だって、目が覚めた時きまって「もうこんな時間!」と思って
しまうのです。
 やっぱり今でも、おひるねが得意な人がうらやましいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『もうねむたくて ねむたくて』 森山京作 佐野洋子絵 フレーベル館 1050円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_14354398.jpg 
 おひるごはんのあと、「おひるねの時間ですよ」とお母さん。こねこは、少しもねむたくありません。こっそり部屋からぬけ出すと、だれか遊ぶ友達はいないかと探します。
 道で出会った子たちに、「あそびませんか?」と声をかけると、みんな「せっかくですけど、いまねむくてたまらないんです」と言います。すると、だんだんこねこもねむたくなってきて・・・。
 夢なのか、ほんとうだったのか、目が覚めたのに、まだ夢のなかにいるような。
 あのなんともここちいい感覚が、漂ってくる絵本です。
なんだか、ねむくなってきちゃった。

               
by merry-kyoto | 2008-03-06 14:40
<< やさい だいすきなもの >>