人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ヘリオさんとふしぎななべ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 姪っ子が4歳くらいのとき、突然ちょっといたずらっぽい
目つきで、「なあ、ハラへリオさん」と言ったのです。一瞬
なんのことかわからずにいると、「なあ、しっとるやろ、
ハラへリオさん」 「あ!この前あげた絵本のことや」と私
が言うと。やっと満足そうな顔になりました。
 秘密をわけあった仲間のような、特別な空気に、わたし
も姪っ子も、ちょっとうれしくなったのでした。 
 同じ本を読んでいると、思わぬところで、こんな素敵な
時間が訪れます。今でもあの時の彼女の目は、忘れら
れませんもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ヘリオさんとふしぎななべ』 市居みか作 アリス館 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・e0132895_18405428.jpg
 ハラ・ヘリオさんという名前の、貧しいえかきがおりました。
 あるとき、パンを買いにでかけたヘリオさんは、不思議なおなべの絵を買いました。パンと同じ値段だったのです。おかげでおなかはぺこぺこ。
 家に帰って、絵を飾ろうとすると、絵の裏から、ふしぎなおふだのようなものが出てきて・・・。
 ちょっぴり怖くて、一度読んだら忘れられない不思議なお話です。どこかでおなべの絵をみかけたら、気をつけてくださいね。だって、今どこにあるのか、誰もしらないらしいですよ。
by merry-kyoto | 2008-03-14 18:44
<< ムーミンママのお料理の本 はなを くんくん >>