人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

だくちる だくちる ・・・はじめてのうた・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大切な何かを伝えようとするとき、言葉を選びます。
それでも気持ちを伝えるのは、とても難しい。
 言葉って本当に必要なんでしょうか? 
 ねこたちとは? 
 まだ言葉のしゃべれない赤ちゃんとは? 
 木や花とは?
 お互いに言葉は通じていなくても、通じ合っているよ
うな気持ちになることもあります。
 言葉がしゃべれるがゆえに、不自由な思いをしたり、
でもやっぱり伝えようとしたり・・・。

 私は本を扱う仕事をしているから、言葉を大切にしたい。
 なるべくたくさん、語る言葉を持ちたいと思うのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『だくちる だくちる』  V・べレストフ・原案 阪田寛夫・文 長新太・絵
              福音館書店 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_14195296.jpg
 ずっとひとりきりだった イグアノドンのところに、あるひ、「だくちる だくちる」音がして、プテロダクチルスがとんできます。
 ちいさなともだちは、「だくちる だくちる」としかいえないけど、それは、イグアノドンがいままで聞いたことのない、うれしくなる音。はじめてきいたうた。

 にんげんが、うまれる前のずっと、ずーっとまえの出来事。言葉が存在しない世界のおはなし。
by merry-kyoto | 2008-03-16 14:01
<< いちごのジャム ムーミンママのお料理の本 >>