人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

りんごの木

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 りんごの木をみたことがありますか?
りんごの木をみたときの感動は、言葉では言い表せません。
初めて見たそれは、枝がしなるほど、たわわに実をつけてい
たのです。それも真っ赤な愛らしい実を。
 こんな夢のような、光景があるんだと感動し、りんごの木
の下に住みたいと本気で思いました。
 私にとっては、りんごはお店やさんに並んでいるもので、
木からもいで、食べるものではなかったのです。
 でも、かえって、子どものころから見慣れていなくて、よ
かったとさえ思いました。
 なぜって、柿の木をみて、こんな感動を覚えたりしないで
すから・・・。 りんごの木は特別です。
 りんごの木ほど、私を幸せな気分にさせてしまう木は、
ほかにないとさえ、思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『りんごのえほん』 ヨレル・K・ネースルンド作 クリスティーナ・ディーグマン絵
            たけいのりこ訳 偕成社 1260円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_18513265.jpg
 スウェーデンから、なんとも愛らしい絵本の登場です。
 りんごの木に暮らす、二人のりんごの精が、りんごの木の一年を紹介します。
 りんごがどんなに愛されているのかが、伝わってきます。
 スウェーデンの人たちにとって、りんごの木は、庭にかならずといっていいほどある木だそう。とにかくたくさん実るので、お菓子に、ジャムに、ジュースにしても、食べきれないそうです。
 なんてうらやましい! やっぱり、うちの柿の木みたい。
by merry-kyoto | 2008-03-19 18:59
<< 一人で読んだ本 いちごのジャム >>