人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おだんごぱん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 生まれてはじめて、パンを焼きました。
材料は、粉、水、塩、砂糖、イースト。たったこれだけ。
 本には、いろいろ温度のこととか、細かく書いてあるけれど、
めんどうなのは、苦手なので、なるたけシンプルに。
 昔から、家庭で作られてきたのだから、そんなに神経質になる
必要ないはず。私にだってできるはず。
 そう信じて、混ぜる、こねる、ひたすらこねる、発酵させる、焼く。
そうすると、出来たのです。夢のようながっしりしたパンが。
そうして、冷ましておいたら、食べられたのです。うちのネコに。
 まるで、『おだんごぱん』
本屋冥利につきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おだんごぱん』 ロシア民話 せたていじ訳 わきたかず絵
           福音館書店 1155円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_15553434.jpg 
 むかし、むかし、ひとりのおじいさんが、なにかおいしいものを食べたくなりました。
 そこで、おばあさんは、こなばこをごしごしかいて、こなを集め、おだんごぱんをこしらえました。 
 さて、おだんごぱん、ころん、ころころころがりだすと、おじいさんたちから、逃げ出します。
 いろんな動物が、おだんごぱんを食べようとしますが、うまくころころ逃げていきます。
そうして、きつねに出会いますが・・・。
 このくりかえし、軽快な歌、あっけない結末。わかりきっているのだけれど何度でも読みたくなる、これぞ民話の魔法です。
by merry-kyoto | 2008-03-26 16:05
<< 子どもとおとな あかいはなと しろいはな >>