人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

たわいもないこと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なにげない言葉のやりとり。たいして記憶に残るものではないいつも
のこと。たわいもないこと。
 それが、10年、20年たって、記憶がろ過されていって、自分の中に
何がどうして、残っていくのでしょうか。
 なくなっていく記憶。残っている記憶。どちらもが、私を作っているの
です。
 弟たちとの日々を、交わした言葉を、はっきりと覚えてはいないけれ
ど、きっとこんなことが、日々繰り返されていたんだろうと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『にいさんといもうと』 シャーロット・ゾロトウ文 メアリ・チャルマーズ絵
             矢川澄子訳 岩波書店 819円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
たわいもないこと_e0132895_15142279.jpg
 あるところに、にいさんといもうとがおりました。「おまえのキャンディーもらった」「おまえのあたまに、たまごぶっかけちゃおう」にいさんは、いもうとをからかってばかり。いもうとは泣いてばかり。
 ある日のこと、いもうとはひとりで絵をかいていました。にいさんがいつもみたいに、からかいにやってきますが・・・。
 仲がいいのか、悪いのか。けんかしているような、たわむれているような。こんな時間を過ごせる間は、たっぷりと浸ってほしいものです。それは、かけがえのないものだということを、この本はそっと耳打ちしてくれているようです。
by merry-kyoto | 2008-04-02 15:15
<< 石井桃子さんに感謝を 「おかえり」といってくれる本たち >>