人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

てがみをください

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 100年たってもなくならないと、信じているもの。

         「本と手紙」

 どれだけ、私たちの生活が、便利な物であふれたって
気持ちや、思想を伝える方法で、この2つにかなうもの
なんて、ありません。
 紙に記された文字は、書き手の元を離れて、一人で伝え
たいひとのところに、出掛けていきます。
 どんな紙なのか、ペンは?インクは?その佇まいは?
もう、何十年も何百年も前から、続いてきた大切なこと。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『てがみをください』 やましたはるお作 むらかみつとむ絵
             文研出版 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_17445845.jpg
 いちじくの木にかかっている、ぼくの赤い郵便箱。
 ある日、中に一匹のかえるがもぐりこんでいた。
 ぼくに届くてがみをみて、かえるはとても、うらやましそうに、「どうすれば、ぼくにもてがみがくるんだい」とたずねてきた。
 てがみを待ち続けるかえるが、けなげであいらしい。かえるは、誰からのてがみをまっていたのでしょうね。
by merry-kyoto | 2008-04-05 17:55
<< 桜の季節 石井桃子さんに感謝を >>