人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ぼくは君を探しに来たんだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ふたりは、突然やってきます。
 でも会わなかった時間なんて、一瞬でどこかに飛んでいってしまいます。
顔を会わせた途端、あいさつもそこそこに、話しだし、話しながら本棚を
熱心に見て、いろんな理由を言いながら、本を選びます。
にぎやか。
 ふたりとも本が大好きだから、本を選んでいる姿をみているのが、
うれしくなります。
 きっと、旅先のいろんな本屋に入って、こんな風にふたりに選ばれた
本たちが、本棚に並べられていくんだろうな。
 その本たちは幸せだろうなと思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『名前のない商店街』 友部正人 思潮社 1631円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぼくは君を探しに来たんだ_e0132895_15194082.jpg
 ギターを弾きながら、まっすぐな声で、言葉を歌う人。私の大好きな詩人。
 友部さんの作り出す世界では、音楽と詩とが、ぴったりと寄り添っているように思います。
 久しぶりに聴いた「ぼくは君を探しに来たんだ」は、
京都で聴くと、身にしみて、泣きそうになりました。
by merry-kyoto | 2008-04-12 15:23
<< サバクでおちゃを 花豆の煮えるまで >>