人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

イエペはぼうしがだいすき

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大好きなものがあって、それに夢中になれるのって、素晴らしい。
それは、ある年齢のある時期だけかもしれないし、おとなになるまで
ずっとかもしれない。
 それは、「車」かもしれないし、「楽器」かもしれないし、「ガーゼ」かもしれない。
 私は「ピンクのもの」でした。あんなに好きだったくせに、今はほとんど
ピンクのものって持ってません。不思議なものですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『イエペは ぼうしが だいすき』 石亀泰郎作 文化出版局 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イエペはぼうしがだいすき_e0132895_16342985.jpg
 コペンハーゲンに暮らすイエペは、3才。保育園に通っています。 
 イエペは、ぼうしがだいすき。100個ももってるんですって!
 ある日、ぼうしをかぶらずに保育園に行くと、なんだか調子が出ない。
「どこか具合が悪いの?」と先生。ぼうしばっかりかぶっていると、からかっていたともだちも、心配してなぐさめてくれます。
すると、先生が言います。「あたまに なにか のせてみたら?」

 好きなものを、とりあげちゃうのもおとな。
とことんつきあってくれるのもおとな。
 おとなってスイッチをもっている! と思いませんか?




 
by merry-kyoto | 2008-04-14 16:43
<< おさらを あらわなかった おじさん サバクでおちゃを >>