人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おさらを あらわなかった おじさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 なにかの拍子に、部屋をすみからすみまで片付けて、掃除をします。
でも気がつくとあーら不思議。どうしてまた散らかっているのでしょうか。
 誰かのせいにもできないし、しばらくは、散らかしておくのですが、
また意を決して片付け。
 小学生のころから、何度も繰り返されている営み。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おさらを あらわなかった おじさん』 フィリス・クラジラフスキー文
                       バーバラ・クーニー絵 光吉夏弥訳 岩波書店 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_16455613.jpg
 まちはずれの小さな家に、ひとりきりで住んでいるおことこのひとがいました。
あるばん、いつもよりおなかがすいていたので、いつもよりうんとたくさんばんごはんをつくりました。たくさん食べて満足すると、おさらを洗うのがめんどうになり、明日あらうことにしました。
 次の日はもっとおなかがすいていました。おさらはどんどんたまって、ついにはなにもなくなってしまいます。
 おとなはきっと苦笑い。こどもはきっと大笑いの結末。
by merry-kyoto | 2008-04-15 16:48
<< 大切な気持ち イエペはぼうしがだいすき >>