人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ちいさな島

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 鴨川を眺めていると、「今日は気分がよさそう」とか
「ちょっとご機嫌ななめかな」とかぼんやりと考えてしまいます。
 きっと川には、人格があると思うのです。
 なにも言わないけれど、存在しているだけで、こんなにも人々を
魅了するそれは、山かもしれないし、海かもしれない。
 鈴鹿の山々、四日市の海、元気にしとるかな。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ちいさな島』 ゴールデン・マクドナルド文 レナード・ワイスガード絵
         谷川俊太郎訳 童話館出版 1575円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_18302581.jpg
 おおきな海にうかぶ、ちいさな島。
島に暮らす生き物たちの営み、そして季節の移り変わりが美しい島。
 夏のある日、一艘のヨットが、島にやってきました。
 一緒にやってきたこねこが島に言います。「海がとてつもなくおおきいように この島は とてつもなくちいさい」島がいいます「きみだって そうだよ」
 ねこと島の会話は、まるで詩のようでもあり、学者の問答のようでもあります。

 この本を、谷川さんの訳で読むことができることが、私たちの幸せです。

 
by merry-kyoto | 2008-04-21 18:46
<< おつきさまこんばんは ぼく、おへんじは? >>