人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

パリのおつきさま

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 旅に出ると、とにかくいろんなものを、見てやろうと思っていました。
せっかく来たのだからと・・・。
 でもいつのころからか、そんなにあせっていろいろ詰め込んでも、
しょうがないなあと思うようになりました。
 「行った」「観た」その事実が残るだけで、わたしの欲しいものはそういう
ことではないかもと、近頃思うのです。
 なにかひとつでいいから、心に留めてこれたらいいなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『パリのおつきさま』 シャーロット・ゾロトウ文 タナ・ホーバン写真
             みらいなな訳 童話屋 1680円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_19323085.jpg
 おかあさんがおとうさんとパリにいくことになった日、女の子がおかあさんに言います。「パリですてきなものを みつけたら わたしに おしえてね」と。
 絵を描く人、散歩している犬、メリーゴーランド、おかあさんはいろんなものを観ました。 そして、女の子に話してくれました。一番すてきだった「もの」はなんだったでしょう?
 「物」ではない「もの」に価値を感じられるのってすてきですね。でも、やっぱりおみやげはうれしいけれど!
by merry-kyoto | 2008-05-31 19:33
<< にちよういち ゆかいなかえる >>