人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

にちよういち

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 私の暮らしていた町は、四日市というだけあって、あちこちで市がたちます。
ちいさい頃は、よくおばあちゃんと市にいったものです。
 まず、花屋さんで仏さんのお花を買って、それから八百屋さん。
そして、おかし屋さんでいつものおかきやら、そばぼうろを買います。
 大きくなったら、市のおばちゃんになりたいと思っていました。
野菜を入れる新聞紙で作った、紙袋が大好きだったからです。
 今でも市がたっているのを見ると、いてもたってもいられなくなります。
今度、新聞紙であの紙袋をつくってみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『にちよういち』 西村繁男作 童心社 1470円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にちよういち_e0132895_1705148.jpg
 高知の「にちよういち」は今ではすっかり有名になりましたが、日本全国、市のもつ魅力はどこも同じだと思います。
 地元の人たちが、作り出すあったかい空気。
 よそから来た人にとっては、こんなものが売ってる!と驚くこともしばしば。
 細かく描き込まれた絵は、何度眺めてもあきることはありません。おばあちゃんとあっちゃんと、ゆっくり市をまわりましょう。
高知弁もここちよく響きます。
 まつこさん、ぜひ読んで聞かせてください。
by merry-kyoto | 2008-06-01 17:05
<< いのくまさん パリのおつきさま >>