人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

詩のすきなコウモリの話

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  夕方の空に、小さなこうもりが飛んでいました。
子どものころ、夏の日の暮れになると、家の前で
よくこうもりを眺めていたものです。
 こねずみのような、ふわふわした体に羽を持つ、不思議な生き物。
人の暮らしに近しい生き物なのに、どこかミステリアスですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『詩のすきなコウモリの話』 ランダル・ジャレル作 モーリス・センダック絵
                 長田弘訳 岩波書店 1890円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
詩のすきなコウモリの話_e0132895_16574227.jpg
 あるところに、淡い茶色のちいさなコウモリがおりました。コウモリは昼間眠っているものなのに、このコウモリだけは昼間の世界を知っていました。
 あるとき、見たものを詩にして、仲間に聞かせようとするのですが相手にされません。
 仲間からはなれて、詩を聞いてくれる友達をさがすコウモリは、ジャレル自身なのかもしれません。
 美しい世界をすくいとったような長田さんの訳も素晴らしい。
by merry-kyoto | 2008-06-16 16:58
<< ちいさいモモちゃん 太陽と月とカラス >>