人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ちいさいモモちゃん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 「スイミング教室に通う?」と母に聞かれ、「行く」と言ったのでしょう。
そういうとき、わたしはとりあえず、「行く」と言ってしまいがちです。
 そして、やっぱりいやでたまらず、毎回、毎回泣いていたのです。
 休憩時間、「泣かんかったら、おやつ買うてくれる?」と母に確認して、
その度に母は「もちろん、買うたるよ」と約束してくれるのですが、
一度も買ってもらった記憶はないのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ちいさいモモちゃん』 松谷みよ子 講談社 1155円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちいさいモモちゃん_e0132895_17404789.jpg
 子どものころの豊かで温かなものと、自分の力ではどうしようもない、理不尽で切ない思いが詰まった名作。
 ちいさいモモちゃんを取り囲む状況が、自分に重なってしかたなかったものです。
 あのころ、泣かないようにと、必死で自分を支えていたのは、「モモちゃんが注射をして、泣かなかったら、ガムを買ってもらえる」というエピソードと自分を重ねてのことでした。
 必死だった4才のころの私に「がんばったね」と言ってあげたいです。
 
by merry-kyoto | 2008-06-18 17:40
<< オアハカからのおみやげ 詩のすきなコウモリの話 >>