人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ぼくの町にくじらがきた

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 子どもの頃に暮らした町には運河があり、幼稚園に行くのも、
友達の家に遊びにいくのも、橋を渡っていきました。
 一人で橋を渡っているとき、なぜか手にもっているものを全部
水の中に放り投げてしまいたくなるのです。
 それはおこずかいの50円玉だったり、リカちゃん人形だったり、
私の大切なものたちなのに・・・。
 あの頃の歩くと自分の足音が響く橋は今ではないけれど、あの
むずむずした自分ではどうしようもない感覚は、いまでもわたしの
どこかにくすぶっていると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ぼくの町にくじらがきた』 ヤング文 バーンスタイン写真 偕成社 1260円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1235381.jpg
 「生きているかぎり、絶対にに忘れない出来事」がありますか?
 いつもの学校へ通う海岸の道、ぼくは海岸に打ち上げられた巨大なくじらを発見します。
 くじらはスースーと呼吸の音をさせ、目は動き、からだは銀色に輝いていました。
 沿岸警備隊や学者たちがやってきて、静かだった町は大騒ぎになります。
 大人たちの騒ぎとは、うらはらに少年はじっとくじらを見つめ続けます。
 死にゆく生き物と、その圧倒的な存在感を受け止める少年。
 3日間の情感豊かな記録。
by merry-kyoto | 2008-08-24 12:41
<< さかな 動物を描いた、語った。 >>