人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ねないこだれだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 子どものころ、母が「9時やに!」と言うと、私たち姉弟3人は
大急ぎで布団にもぐりこんだものでした。だって時計が9時を打つと、
それからはおばけの時間。夜中にあそんでいる子どもはおばけに連れて
行かれるのです!なんと恐ろしい。
 ここのところ、私にとっての本のルーツはなにかと考えているのですが、
やはり子どもの時に読んでもらった絵本たちは特別。
 読書ってただ文字を読んでいるだけでは決してなくて、そのまわりの時間
もいっしょに体に取り込んでいたのだなと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ねないこだれだ』 せなけいこ 福音館書店 630円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_14143558.jpg
 夜中。おばけの時間。
遊んでいる子どもがおばけにみつかってしまいます。
「夜中にあそぶ子はおばけにおなり」「おばけのせかいにとんでいけ」

とにかく強烈、あまりにも衝撃的。
だっておばけになった子どもが、おばけに手をひかれて飛んでいくんですよ。
 これを読んだら、9時に寝ないわけにはいきません。
by merry-kyoto | 2008-09-16 14:15
<< 子どもの本屋全力投球 しゃっくり1かい1びょうかん >>