人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

のはらひめ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 中学生の頃『プリティ・イン・ピンク』という映画に夢中でした。
モリー・リングウォルド主演、1980年代の映画です。
そのオープニングのワンシーン。モリーが学校に行く身支度をしているのですが、
さっとあけた引き出しには、色とりどりのネックレスやら、ピアスやらがごちゃ
ごちゃと無造作にほうりこまれていて、キッチュなかわいさで溢れていました。
そこからピアスを選び、カラフルなタイツを履いて、チャーミングな唇に口紅をひいて
家を飛び出します。
 今朝、自分の引き出しをあけて、ブローチを探しているとき、「ああ、あの映画
に憧れてたから、この引き出しはごちゃごちゃなのか。」と納得。
 溢れんばかりの情報の中で、自分のどこかにひっかかっていることって、そんな
ささいなものだったりするものです。
でもその小さなことが集まって、今の自分をつくっていると思うと、面白いですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『のはらひめ』 なかがわちひろ 徳間書店 1470円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・のはらひめ_e0132895_11185851.jpg
 おひめさまになりたいと思っていたまりの前に、ある日突然「おひめさま城」からおむかえの馬車があらわれます。なんと世界中のおひめさまを育てた名門、「おひめさま城」からの使いで、そこで修行をすれば、おひめさまになれるというのです。
 読み書きそろばん、あげくの果てには竜ややまたのおろちとの戦いまで!
無事卒業証書を手にしたまりは・・・。
 遠い外国や、むかしむかしのはなしなんかじゃなく、ひょいっとお隣にころがっていそうな、親しみやすい夢のようなお話。
by merry-kyoto | 2008-11-29 11:20
<< りんごとちょう もしもぼくがおとなだったら・・・ >>