人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

おくりものはナンニモナイ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 人の存在というものは、姿が見えるとか、声が聞けるとか、
そういうことがなくなったとしても、あり続けるもので、
感じるものですよね。
 それが昔の映画俳優だったり、となりのおばちゃんだったり
しても同じこと。
 今日私の中に確かに存在する人が、旅立とうとしています。
その人とはもう話せないけれど、手紙を書きました。
 きっとこれから、彼の存在はどんどん大きくなっていくん
やろな。彼の存在は残された人たちを生かすんやろうな。
 たくさんの人たちが、彼のことを想いながら過ごしていくん
やろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『おくりものはナンニモナイ』 パトリック・マクドネル 谷川俊太郎訳
                  あすなろ書房 1260円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_15274735.jpg
 ムーチは大好きなアールをよろこばせようと、贈り物を考えます。
でもアールはごはんのお皿も、ベットも、ガムだって持っています。なんでももっているアールを喜ばせるにはどうしたらいいのでしょうか。
 贈り物をするときは、物も大切だけれど、その人のことを想う時間がなにより大切。
 あーでもない、こーでもないと、あれこれ考えるのが楽しかったりするのです。そんな中からとっておきを思いついたら、こんなにうれしいことはありませんよね。
by merry-kyoto | 2008-12-09 15:29
<< きんいろのとき ゆうびんやのくまさん >>