人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

ルピナスさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 窓の外が妙に明るいなと思って振り返ると、東山の一帯だけ夕焼け前のような
明るさで、光が当たっていました。
 そしてそこに大きな虹が!根元のほうがくっきりとした、それはそれは立派な
虹でした。雪がちらついてきたせいか道行く人はみんな寒そうに肩をすくめて、
空を見上げている人なんてだれもいません。
 「空みてください!」と鴨川に向かってさけびたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『ルピナスさん』 バーバラ・クーニー作 かけがわやすこ訳 ほるぷ出版 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_17571483.jpg
 ルピナスさんがまだ小さな女の子だったころ、おじいさんとこんな約束をしました。それは「世の中を、もっとうつくしくするために、なにかする」というものでした。
 ルピナスさんはすっかり成長し、美しい娘になり、かしこい大人の女性になり、海辺の小さな家で暮らす、小さなおばあさんになりました。そして、彼女のやり方で、みごとに世の中をうつくしくしたのです。
 寒空の中に美しくたたずむあの大きな虹をみて、どうしてかルピナスさんを思い出したのでした。
by merry-kyoto | 2009-01-14 17:57
<< ちいちゃんのたからもの しろいゆきあかるいゆき >>