人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

いしころ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 子どものころ、写真があまり好きではありませんでした。
例えば「みんなのうた」でアニメーションだとうれしくなるのに、
写真とか実写だとがっかりするのです。
 きっと現実的過ぎて、つまらない気分になっていたのかな。
 絵本もそうでした。この本は家にあって、何度も何度も開いた本
です。あの頃のわたしは、石の模様をいろんなものに見立てて、
そこに面白さを感じることが、どうしてもできなかったし、いしこ
ろをあめちゃんのつつみ紙につつんで、「おいしそう」とどうしても
思えずにいました。
 懐かしいけど、好きかどうかいまだによくわかりません。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『いしころ』 森宏詩・作 京田信太良・絵 平光紀雄・撮影 文研出版 1155円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0132895_1631482.jpg
 いろんなもようのいしころ。ひとつもおなじのがないいしころ。
そのもようを顔や波、木の枝やパイプのけむりにみたてて遊びます。
 いしころを拾いにいきたくなりますよ。
by merry-kyoto | 2009-01-18 16:31
<< ユックリとジョジョニ ちいちゃんのたからもの >>