人気ブログランキング |
ブログトップ

メリーゴーランド京都店より・・・本を読む日々

junzizi.exblog.jp

和菓子のほん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 四日市や桑名には安永餅というお菓子があります。その昔お伊勢参りの道中、
旅人が袂にいれやすいように、ぺたんとした形に焼き上げたとか・・・。
 焼き色がついたお餅は、口に含むと香ばしい香りがほんのりするのです。
他にもへんば餅、赤福餅、さわ餅、鈴鹿あられなどなど、三重県にはおいしい
お菓子がたくさんあるんですよ。
 おばあちゃんが甘いもの好きだったので、わたしも随分渋いお菓子を食べて
育ったんだと思います。
 三重県、ええとこやろお。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『和菓子のほん』 中山圭子文 安部真由美絵 福音館書店 1365円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和菓子のほん_e0132895_1333098.jpg
 和菓子の色、形、名前。季節を上手に表現していて、眺めるだけでもうっとりします。
 特にお正月に並ぶ和菓子が大好き。白くてつやつやの肌のじょうよに、小さな金箔が添えてあったり、うっすらと桃色に色づけしてあるねりきりだったり。その潔さにいつも魅せられてしまいます。
 そんな特別なお菓子だけでなく、いばら餅やおはぎ、みたらし団子などたくさんの和菓子が紹介されているこの本を開くと、日本人の豊かな感性を再発見できて、誇らしい気持ちになります。
by merry-kyoto | 2009-01-25 13:34
<< オリジナル財布 ちいさいケーブルカーのメーベル >>